MENU

森のチカラ

2021 1/14

この冬は次々と大きな寒波がやってきていつになく寒く感じられますね。北摂霊園にも雪が積もり、雪の華が咲きました。樹木葬墓地の木々たちも寒そうにしていますが、葉を落とした樹木はどこかリラックスしているように感じる今日この頃です。

今回は森が持っている不思議な力についてお話をしたいと思います。

みなさんは森や木々に囲まれた小道を歩いていて、森独特の香りにすがすがしい気持ちになったり癒されたりした経験はありませんか?これは樹木が発散する「フィトンチッド」という物質によるものです。

植物や樹木は外敵や病気から身を守るために、殺菌作用のある「フィトンチッド」を放出します。この「フィトンチッド」がヒトの体にとってとても有益であることがわかっています。精神を安定させたり、免疫力を上げたり、疲労回復、ストレスの解消など様々な効果があるのです。

また、この「フィトンチッド」は私たちの生活面でもとても役に立つもので、殺菌(除菌・抗菌)作用や消臭効果の他に食品の腐敗を遅らせる抗酸化作用もあるんです。ヒノキの家が健康によいとされたり、柏餅や柿の葉寿司など植物の葉を食物の保存に利用したりと、昔の人は経験から樹木(植物)のチカラをちゃんと理解していたんですね。

(イメージ画像)

みなさん、森林浴は日本が発祥だということをご存じでしょうか。1982年に「健康・保養に日本の森林を活用しよう」と林野庁が提唱したものです。森林浴は科学的根拠を得た森林セラピーへと進化し、現在欧米では森林浴が、医療行為として実用化されている国、保険が適用されている国もあるのです。当霊園が隣接する明治の森箕面国定公園は「森林浴の森日本100選」にも選ばれているんですよ。

「北摂の樹木葬木もれびと星の里」は森そのものがお墓です。森は四季折々色々な表情を見せてくれますので、お墓参りをしながら森を楽しむことができるのも魅力の一つです。生前にご自身のお墓としてご予約いただいた方はご自身がいずれ眠る森の変化を楽しむこともできます。ここは、ヒトが自然に還る場所であり、故人を偲ぶ場所ですが、訪れる人が森から元気をもらって心も体も健康になる、そんな場所になればいいなと思っています。

寒い冬の間も樹木たちは春にみなさんをお迎えするべく新芽を膨らませて準備中です。

(写真撮影の翌日たくさん雪が積もりました。がんばれ新芽たち!)